i-smartとi-cube

i-smartとi-cubeの違いがわからないという人のための差分まとめ

2018/05/01

一条工務店のi-smartとi-cubeはどこが違うのだろう?

わたしが住宅展示場をおとずれたとき、ぱっと見違いに気づくことができませんでした。外観や内観に違いはあるものの、あまりデザインにこだわらないわたしには大きな差ではありませんでした。

しかし、i-smartにしようかi-cubeにしようか、どちらにすべきか悩んでいる方は多いでしょう。今回はi-smartとi-cube、それぞれの違いをまとめてみます。

外観

i-smartとi-cubeを比較した時、まず一番最初に違いを感じるのは見た目です。簡単に説明しますと、「i-smartはかっこいい」、「i-cubeはかわいい」デザインだと思ってもらえると良いでしょう。

以下の画像はi-smartです。
一条工務店「i-smart」の外観
引用:フォトギャラリー アイ・スマート 商品紹介 一条工務店

次にi-cubeです。
一条工務店「i-cube」の外観
引用:i-cube|一条工務店

男であるわたしの目線としてはi-smartのほうがかっこいい感じがして好きですね。シンプルなデザインが物足りないという人もいますが、流行り廃れのないデザインでもあるため、長い年月が経過しても飽きにくいのではないでしょうか。

一方、i-cubeのデザインはかわいいといったイメージです。わたしの妻はi-smartよりもi-cubeが良い!と主張していたほどです。

デザインに関してはどちらが優れているというわけではなく、好みでしょう。好みも男性と女性で感じ方が違う傾向があるようです。

一条工務店のデザインはダサい?家が「おしゃれ」「ダサい」の定義とは?他社ハウスメーカーとの比較と考察一条工務店のデザインはダサい?家が「おしゃれ」「ダサい」の定義とは?他社ハウスメーカーとの比較と考察
『一条工務店の家はダサい。』 インターネット上ではたびたびそのような書き込みを見かけます。『家がダサいので一条工務店をやめた...

外壁

外観をおおきく左右する要因は外壁にあります。i-smartの外壁はハイドロテクトタイルで、i-cubeの外壁はサイディング+レンガです。

ハイドロテクトタイルとは太陽の光で汚れを分解し、雨によって汚れを流すという手間入れずのすぐれものです。全面タイル貼りというのも高級な感じがしてかっこいいですね。
一条工務店「ハイドロテクトタイル」の見た目
引用:ハイドロテクトタイル|一条工務店

我が家はi-cubeですが、ハイドロテクトタイルはオプションで採用しました。キャンペーンで安かったということと、手間いらずで耐久性が高く維持費が抑えられるという理由です。

一条工務店の絶対つけるべきオプション、ハイドロテクトタイルは全然汚れない!
いろんな家をみていると、外壁はサイディングのものがほとんどですよね。 たまにタイル貼りの家を見かけますが、そういった家はお高...

一条工務店のハイドロテクトタイルが2年経過したが全然汚れてなくてすごい!
わたしは一条工務店の家に住んでから、もうかれこれ2年以上が経過しています。 それなりに住んでいると気になってくるのが、家の劣化...

i-cubeの外壁はサイディング+レンガタイルなのですが…。ざんねんながら詳細のページがどこにも存在しませんでした。

窓の大きさ

i-smartとi-cubeはどちらも2x6工法の家で、家の間取りにいろいろと制限が出てきたりします。その制限のひとつに窓の大きさがあり、あまり大きな窓をつけられなかったりします。

2x6,2x4,耐震性一条工務店のi-smartとi-cubeは2x6の家。そもそも2x6って何?
一条工務店のi-smart、i-cubeは2x6の家です。 そもそも2x6ってなんなのでしょう? 2x4と比較して、何が優れているのでしょうか? ...
地震-耐震性-2x4-2x6地震に強い家と言われる2x4(ツーバイフォー)や2x6(ツーバイシックス)工法のメリットとデメリット
家を建てるなら地震に強い家がいいですよね。 具体的にどんな家だったら地震に強いのか? よく言われるのが、2x4(ツーバーフォー)...

ここでi-smartとi-cubeに差が出てきます。i-smartには大きな窓がつけられますが、i-cubeには大きな窓がつけられません。これは設計の段階ではっきりと言われました。

たとえば、i-cubeには以下の画像のような窓を取り付けることができません。

一条工務店「i-smart」の窓
引用:フォトギャラリー アイ・スマート 商品紹介 一条工務店

パノラマウィンドウと呼ばれる大きな窓です。i-cubeでこのような大きな窓を取り付けることはできないようです。開放感を求めるのであればi-smartのほうが良いでしょう。

注文住宅の開き窓のメリットとデメリット注文住宅でほぼすべての窓を外開き窓にしてわかったメリットとデメリット
我が家の窓はほとんどが開き窓です。開き窓とは窓にレバーがついていて、レバーを下げて押すことで窓が開くというものです。外に開...

内観

i-smartとi-cubeは内観にも大きな違いが現れます。こちらも外観と同じく、i-smartはかっこいい、i-cubeはかわいい、といったイメージを持っていただけると良いかと思います。

キッチン

以下の画像はi-smartのキッチンです。

一条工務店「i-smart」のキッチン
引用:フォトギャラリー アイ・スマート 商品紹介 一条工務店

次にi-cubeのキッチンです。

一条工務店「i-cube」のキッチン
引用:内観|アイ・キューブ|一条工務店

こちらも一長一短ではあると思いますが、わたしの妻はi-cubeのデザインが好きだと言っています。木の感じがかわいいのだとか。わたしとしましてはi-smartのデザインのほうがかっこよくて好きなんですけどね。

白くて清潔なキッチンとシンク一条工務店で1年、樹脂シンクを『これでもか!』ってぐらい使い込んだ結果
我が家は一条工務店のi-cubeです。住み始めてから約1年が経過したところです。 一条工務店で家を建てようと考えている方、一条工...
キッチンの失敗、後悔と不満なところ一条工務店のキッチンで失敗、後悔と不満に思っている3つのポイント
わたしは一条工務店のi-cubeという家を建てて住んでいます。 注文住宅ということもあり、キッチンもちょっとだけ使いやすいように少...

和室

内観の違いは和室にも現れます。どのように違いがあるのかというと、やっぱりi-smartの和室はかっこいいんですよね。

一条工務店「i-smart」の和室
引用:フォトギャラリー アイ・スマート 商品紹介 一条工務店

i-smartがかっこいい和室ということは、i-cubeはかわいい和室?

ここまでi-cubeのデザインがかわいいと書いてきましたが、和室のデザインについては正直ダサい!というかなんだか古臭い感じがします。昔ながらの和室で、おじいちゃんおばあちゃんがいそうな雰囲気です。

一条工務店「i-cube」の和室
引用:内観|アイ・キューブ|一条工務店

我が家では和室を作っていませんが、これは本当になくてよかったと今でも思っています。

和室はメンテナンスが大変そうです。替える必要も出てくるでしょうし、隙間にゴミとかつまりそうだし。効率重視の方は和室はなくてもいいのではないでしょうか。

和室-必要-不要注文住宅で和室を作らなかった3つの理由
注文住宅で家を建てる時、和室を作るべきか悩みますよね。 そもそも和室はいるのかいらないのか、必要か不要か、これもまたよく話題...

コスト

気になるのはコストです。わたしにとってはここの違いが一番重要でした。

イニシャルコスト(初期費用)

まずイニシャルコスト、初期費用の違いです。単純に言ってしまえばi-smartのほうがi-cubeよりはグレードが高いため、コストは高いです。

具体的に、わたしが営業さんに聞いたところでは、i-cubeの坪単価が55万円、i-smartの坪単価が60万円とのことでした。その差は5万円で、30坪の家なら150万円の差になります。

以下の記事でも書きましたが、150万円といっても実際は150万円では収まりません。150万円は借金することになりますので、利息がついて総支払額は200万ぐらいになると思ったほうが良いでしょう。

一条工務店のi-smartとi-cube、どちらを建てるべき?
いつもわたしのブログをご覧いただきありがとうございます。 わたしのブログにたどり着いた方の検索キーワードを見てみると、”一条工務...
一条工務店i-cubeに実際にかかった金額【総額公開】30坪一条工務店i-cubeの価格!建築費用はいくらかかるのか?
一条工務店i-cubeの坪単価は、わたしが建てたころでは55万円でした。 一方、i-smartは60万円でその差は5万円。場所によってはi-smart...

ランニングコスト(維持費)

維持費の方はどうかというと、家の性能が高いほうがコストは低くなります。何を持ってして家の性能が高いと判断するかにもよりますが、i-cubeのほうがQ値、C値は優れています。

  • i-smartのQ値は0.82で、C値は0.59です。
  • i-cubeのQ値は0.62で、C値は0.59です。

参考:テクノロジー アイ・スマート 商品紹介|一条工務店

参考:省エネ性能を極めた、超・省エネ性能|一条工務店

よって、ランニングコストではi-cubeのほうが安いです。とはいえこの結果で劇的に違うのかというとそこまでの差ではないでしょう。ほぼ同じと見ていいです。

一条工務店の家の電気代光熱費グラフ一条工務店の家に1年住んでみてわかる省エネっぷり。1年間の電気代・光熱費まとめ
一条工務店の家は省エネと言われているけど、本当に省エネなの?と疑問に思われる方も多いのではないでしょうか。 わたしは一条工務...
省エネ-節電省エネ上手な家庭の電気代を23%も下回る一条工務店の家
一条工務店の家を建てようとする方にとって、電気代はとても気になるところですよね。 24時間全室床暖房だなんて、今までの生活から...

まとめ

以上のことをまとめますと下記の通りです。

  • i-smartとi-cubeの違いは外観と内観で、性能はほぼ同じ。
  • デザイン重視ならi-smartで、コストを抑えたいのであればi-cubeがおすすめ。
  • i-cubeでもオプションでハイドロテクトタイルやらi-smartに近づけることはできるけどコストは割高。

i-smartとi-cubeの違いってなんだろう?という疑問を持っている方は多いと思いますが、ひとことで言ってしまえば見た目です。ただし、ハイドロテクトタイルだけは家のメンテナンス、耐久性に関わるものですので、i-cubeでも採用することをおすすめします。

みなさんの家作りの役に立てるとうれしいです。

-i-smartとi-cube
-