床暖房

一条工務店の家で無線LANがつながりにくい時の解決方法

一条工務店-無線LAN-つながりにくい
一条工務店の家は無線LANの電波が届きにくい。
わたしは営業さんからそのような話を聞かされました。

動画は見ませんが、webの閲覧は異常なほどに多いです。
わたしはシステムエンジニアとかいう仕事をしています。
システムエンジニアは知識をたくさん持っている人ではなく、Googleをつかった調べ物が得意な人なんです。

そんなわたしにとって無線LANが使えない!なんて大事件です。

無線LANの電波が届かないはウソ

実際に使ってみてわかりました。
ばっちり電波入ります!

2階に無線LANルータを設置していますが、1階でもどこでも電波は入ります。
あえて言うならば、端末の性能によるかもしれませんね。

わたしの携帯電話はiPhone5Cですが、まったく問題ありません。
一条オリジナルHEMSタブレットですらしっかり電波拾ってます。

そもそもなぜ電波が届かないの?

電波が届かない、電波を妨害しているやつは床暖房です。

フローリングの下は鉄板が敷き詰められています。
その鉄板が電波を吸収してしまうんです。

そのため、別の階には無線LANの電波が届きにくい、といったことになってしまうのです。

やっぱり無線LANの電波が届きにくい!

我が家では無線LANの電波がすみずみまで届いております。
しかし、中には電波が届きにくい!という方もいらっしゃることでしょう。

40坪、50坪の広い家だと、電波の届かない部屋もありそうですね。

電波が届かなければあきらめるしかないのか?
いいえ、解決方法がちゃんとあります!

無線LAN中継器で解決!

無線LANの電波が届かない、といったときには無線LAN中継器を使うのが「とってもおすすめ」です。
というか、解決法はこれ1択です。

1階に無線LANルータを設置。
2階でパソコンやスマホを使ってインターネット接続する。

2階でインターネット接続の調子が悪いと感じたら、階段付近に無線LAN中継器を置いてください。
これでほとんどのケースで解決できます。

解決できない場合はさらに無線LAN中継器を買い足します。

なぜ無線LAN中継器なのか?

それは無線LAN中継器が「リピータ」だからです。

「リピータ?なんのこっちゃ?」
簡単に説明しますと、複雑な処理は一切せず電波だけを中継する機械、ということです。

電波の範囲を広げる、距離を延長するといった目的にはこのリピータと呼ばれるものがもっとも適しています。

ルータを複数台つなげるのはダメ!絶対!

おすすめしないのがルータを複数台つなげることです。
というかネットワークの知識がない方はやらないでください。

無線LANルータと無線LANルータをつなげれば距離伸びるじゃん、と思われる方も多いことでしょう。
これ、間違いです。

無線LANルータというものは親機と呼ばれるものです。
一方、無線LANルータが飛ばした電波を拾うのは子機と呼ばれます。

では、無線LANルータ同士をつなごうとしたらどっちが親?どっちが子供?

無線LANルータを複数台つなげるには、一方を「ブリッジ」にしてあげなければなりません。
ブリッジとは、先ほど登場したリピータより上、ルータ未満な位置づけです。

同一ネットワークにルータが2台存在すると、最悪の場合ネットワークが落ちます。
(正確にはルータが持つ機能DHCPサーバが同一ネットワークに2ついるとネットワークが落ちます)

ルータは特別な理由がない限り、1つの家庭に1つのルータで良いのです。

番外編:無線LANルータを高性能なものにしてみる

無線LANルータはメーカーによって電波の品質が異なります。

わたしが体感してきた感じでは、NECの無線LANルータは安定してつながりますね。

ルータなんてものは基本的になんでも良いです。
一般的なユーザにとってはルータの機能の違いを感じることはありません。

大切なのは電波の品質、安定感です。
逆に言うと、わたしはバッファローの無線LANルータはあまりつながりが良くないなぁと感じています。

まぁ今はわけあってバッファローの無線LANルータを使っていますが。

おわりに

無線LANがつながりにくいと思っていた方、これで解決できそうでしょうか?
解決方法としては、無線LAN中継器を買うか、性能の高い無線LANルータに変えるか、このどちらかになります。

わたしのおすすめとしては、すでにルータを持っているかと思いますので、買い足す感じで無線LAN中継器がおすすめです。

-床暖房
-, ,