住宅ローン

一条工務店の夢発電は損?初期費用ゼロの甘い罠

2017/11/16

わたしは一条工務店のi-cubeを新築しました。

一条工務店の特徴は、大容量の太陽光パネルを搭載できることです。

わたしも10kW近くの太陽光パネルを搭載しています。

一般の住宅の場合、太陽光パネルはおおくても5kW程度でしょう。

しかし一条工務店の場合は、屋根全体が太陽の方向を向けるため、10kW以上の家が多いです。

とはいえ、それだけの太陽光パネルを乗せるとなるとたくさんお金がかかってしまいます。

太陽光パネルは利回りのいい投資と言えますが、住宅ローンの金額が大きくなってしまうと躊躇してしまいますよね。

そこで一条工務店が提案するのが”夢発電システム”というものです。

夢発電システムとは?

一条工務店の太陽光

一条工務店は自社の太陽光パネルを顧客に搭載してもらうために、初期費用ゼロの太陽光パネルを提案しています。

初期費用はゼロで、住宅ローンとは別の少し特殊なローンを組みます。

その特殊なローンとは、支払いは太陽光発電の売電による利益から支払います

それを10年間、金利は1.5%(206年現在)で返済し続けることになります。

これによって顧客は、初期費用ゼロでローンの支払いの負担も少ない!というような状況を作り出すことになるのです。

10年間は売電による利益はありませんが、20年後から売電利益は丸ごともらえる、そんなシステムです。

一条工務店の企業努力により夢発電システムが実現

一条工務店はハウスメーカーでありながら、自社で太陽光パネルを作っています。

正確には太陽光パネルを作っている会社から、製造ラインを買っているというものですが。

それにより、太陽光パネルを大量生産&安価で提供できるというわけです。

一条工務店の企業努力はかなりすごいと思います。

そんな自社の太陽光パネルを顧客に搭載してもらうため、初期費用を一条工務店独自のローンを使って提供する、というものです。

夢発電システムはお得なのか?

一条工務店の夢発電は損?得?どっち?

はたして夢発電システムとはお得なのでしょうか?

初期費用ゼロで支払いの負担も少ないはずですが、気になる点もあります。

  • 太陽光発電による売電がシミュレーションを下回る
  • 住宅ローンより金利が高い
  • 住宅ローンとは別のため団体信用保険適用範囲外

太陽光発電は投資の仲間であり、太陽光発電がシミュレーションを下回り、損する可能性もあります

ただでさえ損する可能性があるのに、住宅ローンより高い金利で太陽光パネルを買うなんて、損する可能性をより一層高めるような気がしますよね。

おまけに住宅ローンではないため団体信用保険が適用されません

万が一、わたしが亡くなったとして、住宅ローンがチャラになっても太陽光パネルの借金は残ります。

おわりに

結論としましては、夢発電システムは損しかない、と思いました。

住宅ローンのほうが金利は安いし団体信用保険もあるし。

支払い期間が夢発電が10年、住宅ローンが35年という違いがあったとしても、繰り上げ返済をすることで回収できます。

夢発電を利用しなければならないケースは、住宅ローンを目一杯組んでいてもうお金が借りられない!という人でしょうね。

あとは住宅ローンの金額が大きくて怖くなってしまった方は夢発電を利用して借入額に目隠しをするとか。くさいものにはフタをする戦略です。

それ以外は住宅ローンに組み込んでしまった方がお得でしょう。ちなみにわたしも夢発電を利用しています。

利用した理由は、ここまで深く考えていなかったことと、やはり住宅ローンの金額が増えるのが怖くなってしまったからです。

今では後悔しています…。

太陽光パネル分は早めに繰り上げ返済する予定です。

-住宅ローン
-, , , , ,