オプション

注文住宅で失敗!ホスクリンをつける場所

日々の生活の中で洗濯するとき、雨の日だと外に干すことができませんよね。
そんな時に活躍してくれるのがホスクリンというオプションです。

ホスクリンとは、天井に穴をあけ、その穴に棒を取り付け、その棒に洗濯物をひっかけて部屋干しすることのできるオプションです。

0073-注文住宅で失敗!ホスクリンをつける場所-1

ホームセンターでは部屋干しをするためのアイテムがいろいろありますが、どれも場所をとるものばかりです。
しかしこのホスクリンは場所をとらないため非常に便利ですね。

とはいえ、このホスクリンにも欠点?が存在します。
天井に取り付けるため、最初に取り付け位置を決めた後は場所を変えられないということです。

今回はわたしが失敗したホスクリンの取り付け場所についてお話しします。

洗面所・脱衣所に取り付けたのは失敗

わたしは洗濯機の置かれている洗面所・脱衣所にホスクリンを取り付けました。
正直なところ、これは失敗だったなぁと思っています。

洗濯した後、すぐに干すことができて楽そうだと思い、洗面所・脱衣所にホスクリンを取り付けました。
しかし、洗面所・脱衣所は狭いため、臭いがこもってしまうんです。
臭いの対策としてはナノイーも一緒にオプションで追加すべきだったと思います。

そして何よりも邪魔であるということ。
洗面所・脱衣所は家族が共有して使用するスペースであり、1日のなかでも頻繁に出入りするスペースです。
そんな場所に洗濯物がぶらさがっていると、邪魔で仕方がありません。
こればかりは対策のしようがないですね。

ホスクリンは寝室など、各部屋につけるのがおすすめ

わたしの考えとしましては、ホスクリンは自分の部屋などにつけるのがおすすめです。
つまり、自分の洗濯物は自分の責任で自分の部屋で干しましょう、ということです。

各部屋であれば広さもあるため少しは邪魔にならないのではないかと思います。
しかし、臭いについてはやはりこもりがちですので、ナノイーのような臭い対策はしたいところですね。

また、各部屋であれば、生活スタイルによっては1日のうちで寝る時しか出入りしないこともありますよね。
出入りの頻度が少ない分、邪魔になりにくいはずです。

おわりに

ホスクリンというオプションはつけてよかったと思えるオプションです。
むしろ絶対つけるオプションであると言えます。

しかし、その取り付け場所には要注意です。
取り付け場所は共有スペースは避けて、プライベートな各部屋に取り付けることをおすすめします。

また、部屋干しになりますので、臭い対策も考えておきましょう。

-オプション
-, , , , , ,