気密性・断熱性

一条工務店の家で夏を涼しく過ごすには?夏の間、窓を開けずに生活してみた

2017/11/15

一条工務店のi-smartやi-cubeは『夏、涼しい』なんてよく言われます。

はたして本当にそうなのか?わたしは常にこの言葉をうたがっています。

わたしは一条工務店の家に住んでからもうすぐ2年ほど経過します。2回の夏を経験しています。

結論としては、一条工務店の家、別に夏、涼しいとは思えないのです。

しかし、一条工務店がさんざん夏涼しいとか言うので、きっとなんとか涼しくする方法があるのだろう、なんていう期待をしています。

一条工務店の家は高気密・高断熱の家です。家の中を涼しくすればそれが長い時間続くでしょう。でもいろいろやってみてはいるのですが、快適と言えるほど長時間は持続しません。

今回は、窓さえ開けなければ夏も涼しく過ごせるのかな?と思って、今年の夏は窓を開けずに生活してみました。その感想を書きます。

一条工務店のi-cubeで夏の間、窓を開けずに生活してみた結果

結論:夏でも涼しくて快適、というほどではないけど、ちょっと涼しい

最初に結論から書きますと、窓を締め切って生活したおかげでちょっとだけ涼しいと感じます。

今年の夏は涼しい夏だったと思っているのはわたしだけでしょうか?もしそうであれば、きっと一条工務店の家の涼しさを体感できているのかもしれません。

適度にエアコンをオン・オフしたり、温度を高めに設定していたおかげで、電気代もあまりかかりませんでした。

家の中と外、大きな温度差を感じないように思ったのですが、電気代があまりかかっていないところを見ると、高気密・高断熱の効果があって家の涼しさを維持してくれたのかもしれません。

きっと窓を開けなかったからこそ、この結果なのでしょう。

なぜ窓を締め切ると家の中が涼しいのか?

一条工務店の家は高気密・高断熱ゆえ、一度家の中を涼しくしたらそれが長い時間持続します。

そのうえ、窓もしっかり締めておけばより家の中の温度が逃げていかなくなります。まぁ正しくは、家の中の温度が逃げるというよりは、家の外の暑い温度が家のなかに入ってこない、入ってきづらい、ですね。

なので、家の温度を保ちたいのであれば締め切った生活が必要です。

特に、家の温度は窓から出入りすることが大きいです。

夏の涼しさよりも窓をしめきったことによる息苦しさが不快

一条工務店の家は夏涼しい、というのはちょっとだけ

家の涼しさを維持するために、窓を締め切って生活してみました。

ですが、窓を締め切って生活することのほうが不快に感じます。理由は独特の息苦しさ

息苦しいといっても、高気密・高断熱の家だから酸欠になるとか、そういう話ではありません。

家の中はロスガードが空気を循環してくれているし、ナノイーのおかげで空気も清浄してくれています。

ですが、家を締め切っている、と思うだけでなんだか息苦しくなります。

わたしの妻がよく言うのですが、いくら理論上ロスガードが空気を入れ替えてくれている、ナノイーが空気を洗浄してくれていると頭でわかっていても、窓を開けないと換気した気にならないんですよね。

特に夏!夏は特に匂いがこもるような気がしてしまいます。

実際にはそんな匂いはしないのですが、これは小さい頃から『窓は定期的に開けて換気する』という習慣から来るものでしょう。

一条工務店の家は夏でも締め切って生活したほうが良いのか?

いくらロスガードが換気してくれていると言っても窓開けて換気したほうが良い

高気密・高断熱の家だけど窓開けて換気しようね

今年の夏は窓を締め切った生活をしてみましたが。正直つらいです。

電気代が安く済む、家の中が涼しい、というメリットより、気分的に息苦しい、というデメリットのほうが大きかったです。

夏も涼しいです。窓を締め切った生活すればね。と言われても、ちょっとこれは無理ですね。続かないです。

窓を開けるという行為は空気の循環よりも気分転換のほうが意味合いが大きいです。

夏の締め切り生活、無理。

きっと、わたしはもう夏は締め切った生活はしないでしょう。

結果的にわたしの妻が言うことのほうが正しかったようです。

妻は締め切った生活がイヤだと言っていましたが、以前のわたしはそれが理解できませんでした。

換気はロスガードがしてくれるし、匂いはナノイーが除去してくれる、なぜ窓を開ける必要がある?と思っていました。

実際にやってみると妻の言うとおりで、気持ち的に息苦しさを感じました。

でもやってみなければわからなかったことです。きっとこの実験は失敗ではないはず!

冬も締め切った生活するのか?

極力締め切った生活はしたい…

夏は涼しく、冬は暖かく過ごしたい

夏は窓を締め切った生活は苦痛に感じましたが、冬はできるだけ締め切った生活したいですね。

というのも、冬の電気代のほうが圧倒的に高いからです。

一条工務店の家は省エネといえども、冬はそこそこ電気代がかかります。

それでもガス代はかからないので、アパートに住んでいた頃よりは安いです。

安いといってもできれば節約したいですよね。できるだけ最小限の換気にしたいと思っています。

まとめ

  • 一条工務店の家は夏涼しい、というのは、しっかり窓も締め切って生活した場合に限る
  • でも締め切った生活はなんとなく息苦しさを感じる
  • 息苦しいといっても酸欠とかそういうものではない。気持ちの問題
  • 夏はさすがに窓開けて換気した方がいい

窓を締め切って生活する。もうこれ以上の方法で一条工務店の家の中を涼しくする方法はきっとないでしょう。

一条工務店の家は省エネな家なので、ついついどこまで節約できるんだろう?といろいろチャレンジしたくなってしまいます。

というのはわたしだけでしょうか?理系出身のせいか、実験したくなっちゃうんです。

以前住んでいたアパートと比べるとはっきりわかるのですが、夏でも冬でも家の温度が外に逃げにくいというのは間違いないです。

でも逃げにくいだけで絶対に逃げないというわけではありません。あくまでも少しだけ温度が逃げにくく、あたたかさや涼しさが持続しやすい、という程度です。

一条工務店のカタログとかを見ていると、ついつい高気密・高断熱に期待しすぎてしまいますよね。そのせいで夢を追いかけてこんな変な実験をしてしまう。

一条工務店の家は夏も涼しい!ということにあまり期待しすぎないようにしましょう。本気でそれをしようとすると、窓を締め切ったり、逆に不快な生活をすることになります。

やっぱり一条工務店の家で優先すべきことは、快適さでしょう!

-気密性・断熱性
-, , ,