床暖房

一条工務店の家は暑すぎるかも?

一条工務店i-smarti-cube全室床暖房が標準です。

この床暖房を24時間運転することで、真冬でも快適な生活が実現できます。

そのうえ、光熱費もお安い。

しかし、時に部屋が暑すぎると感じることもあるのです。

よそのおうちからしたらうらやましい悩みでしょうね。

でも一条工務店の家に住む上ではこのようなうらやましい悩みが死活問題だったりするのです。

動くと暑い

家の中で生活すると、掃除や洗濯などで身体を動かすと思います。

実はたったこれだけの運動でも結構暑いんです。

我が家では部屋の温度は常に22度〜24度くらいを保っています。

この温度でも動くと暑くなります。

こういうときの対策として、真冬でも半袖Tシャツを着るようにしています。

なので夏用の服がなかなか仕舞えない、収納に関する悩みが出てくるんです。

温度を下げられない

あたたかいを通り越して暑くなってしまったとしても、温度を下げることがなかなかできません。

へたすると真冬でも冷房をつけることになります。

床暖房を切っただけではすぐに温度が下がらないのです。

これも高気密・高断熱の効果ですね。

かといって床暖房を切って温度が下がったとしても、再び温度を上げるのに時間がかかるしコストもかかる。

こういったところで悩みが発生してしまうのです。

敷布団だと寝汗をかく

ベッドで寝ている方のほうが多いかと思いますが、わたしは敷布団で寝ることもあります。

こどもをベッドで寝かせるとなると落下の心配がありますので。

敷布団の場合、床暖房の恩恵をもろに受けることになります。

真冬でもタオルケット1枚でちょうどいいぐらいになるのではないでしょうか?

なんだかうらやましい悩みに聞こえますよね。

今日はさすがに寒いだろ〜と油断して少し厚手のふとんをかけると、寝汗をかいてしまいます。

もちろんこどもも。

あたたかすぎるを通り越すと不快になってしまうんですね。

おわりに

一条工務店の家では、うらやましいと思えることがひっくり返って悩ましい問題になってしまうことが多々有ります。

わたしも住んでみるまでは、人の話を聞いてうらやましい悩みだな〜などと思っていました。

実際に住んでみると、そういったうらやましい悩みが結構な死活問題であるということが見えてきました。

温度調整は本当に難しいです。

それでも全体的に見て、一条工務店の家の満足度は高いです。

多くの方にぜひとも体感してもらいたいですね。

-床暖房
-, , , , , , ,