i-smartとi-cube

一条工務店のi-smartよりi-cubeを選んでコストを抑えた理由

一条工務店のブログを見ていると、i-smartを選んでいる方が多いのがわかります。

たまにi-cubeもいますが、圧倒的にi-smartですよね。

そんな中でも、i-smartとi-cube、どちらにしようか悩んでいる方もいるようです。

わたしはあえてi-cubeを選びました。

それにははっきりとした理由があったからです。

今回はわたしが一条工務店のi-cubeを選んだ理由について書かせていただきます。

i-cubeを選んだのはイニシャルコストを抑えるため

単純な初期投資額、イニシャルコストがi-cubeのほうが安いです。

i-cubeは坪単価がi-smartと比べて5万円ほど安かったです。

わたしが家を建てたときは、i-cubeの坪単価が55万円で、i-smartの坪単価が60万円でした。

30坪の家なら150万の差が出てきます。

“たった150万くらい…”なんて、家をこれから建てようとする人は考えてしまうかもしれません。

でもちょっと待ってください!

家を建てるとなると100万、200万単位のお金が簡単に動きます。

金銭感覚が麻痺してしまいますよね。

だからこそ考えて欲しいのです。

イニシャルコストを抑えることの意味を。

すべて借金であり、利息が発生することを忘れずに

この150万は借金です。

当然利息がつきます!

たとえば150万を金利1.5%、35年で返すとなると、総額で約200万円です!

人生のなかで、あと200万円自由に使えるとしたら何をしますか?

家族とみんなで何回旅行に行けるでしょうか?

海外旅行もいけちゃいますよね。

家づくりより、思い出作りに力を入れてみてはいかがでしょう。

車も買えちゃいますよね。

大きな車を買って家族とお出かけしてみてはいかがでしょう。

家は家族のために建てるものです。

いい家が建ったけど、中に住む人の生活が充実していないとあまり意味がないですよね。

おわりに

たかが200万円、と思われるでしょうか。

200万円というお金は、年収500万の人が4人家族を養いつつ、2年くらい貯金をがんばってようやく貯まるお金です。

逆に言ってしまえば、200万円価格を落とせば、家のために2年分働かなくて済むようになります。

わたしは人生を住宅ローンの返済で終わらせるのだけは避けたいので、できるだけ費用を抑えてi-cubeを選んだわけです。

i-smartは新しくてかっこよくて…わたしもお金があれば迷わずi-smartにしていました!

家はたくさん借金をして建てる方がほとんどです。

すべて思い通りにいかないのも、家づくりの悩ましいところですね。

-i-smartとi-cube
-, , , , ,