キッチン

一条工務店の樹脂シンクがおすすめな3つの理由

2016/04/24

一条工務店-樹脂-シンク

一条工務店のシンクには2種類あります。
樹脂シンクとステンレスシンクです。

どちらのシンクにしようかと悩む方も多いのではないでしょうか。
わたしも悩んでしまった1人です。

結果的に、わたしは下記の理由から樹脂シンクを選択しました。

  1. 傷がつきにくい
  2. 清潔感がある
  3. コストパフォーマンスに優れる

今回はわたしが樹脂シンクをおすすめする理由について書かせていただきます。

傷がつきにくい

使い始めてから、まだまだ日は浅いのですが、傷がつく気配が全くありません。
これはおそらく、重たいものを強く落下させない限り傷はつかないのではないでしょうか。
それぐらい頑丈に見えます。

アパート暮らし時代はステンレスシンクでした。
ステンレスシンクは本当によく傷がつきました…。

たとえば、フライパンや鍋をシンクに置いて洗うとします。
スポンジでゴシゴシこすっていると、フライパンや鍋がシンクとこすれて、シンク側に傷がつくんですよね。

シンクのほうにフライパンや鍋のあとと連想できる、円形の傷がよくできていました。
樹脂シンクの場合、汚れはつきますが傷はつきません。

清潔感がある

樹脂シンクは汚れにくい、汚れが落ちやすい、といった感じです。
見た目が白なため、汚れが目立ちますが、簡単に洗い落とすことができます。

汚れはスポンジでこすればすぐに落ちます。
常に白いシンクを保つことができるため、すごく清潔感がありますね。

ステンレスシンクの場合、シンクの傷が汚れに見えるため、常に不衛生なイメージがありました。
また、ステンレスシンクの場合は天板とシンクの”つなぎ目”が存在するため、そこに汚れがたまります。
樹脂シンクの場合、つなぎ目がなくとても洗いやすいです。

とはいえ、樹脂シンクが汚れないわけではありません。
水を放置すると現れるピンクのカビ、樹脂シンクでも発生はします。
メンテナンス不要というわけではないのでご注意を。

コストパフォーマンスに優れている

樹脂シンクとステンレスシンク、どちらを選んでも金額が変わらないのであれば、断然樹脂シンクを選ぶべきです。
一条工務店では樹脂シンクと呼ばれますが、ほかのハウスメーカーでは人工大理石と呼ばれています。

この人工大理石のシンクはとても人気の高い”オプション”となっています。
そう、ほかのハウスメーカーでは”オプション”なんです。

そんなものがタダ(?)で選べるのであれば、当然選ぶべきですよね。
わたしの友人も、注文住宅で何か一つおすすめのオプションがあれば何か?と聞いたところ、人工大理石のシンクと答えていました。

正直なところ、樹脂シンクを選ばない理由はありません!
ステンレスシンクを選ぶ理由を挙げるとすれば、人工大理石という割と新しい材質に不安がある、今までずっとステンレスシンクだったから無難だ、そういった理由ではないでしょうか。

おそらくこれからは樹脂シンクがスタンダードになっていくことでしょう。

おわりに

我が家のキッチン掃除は夫であるわたしの役割です。
妻には料理を作ってもらっていますので、わたしはその環境を提供する。

そんなキッチン掃除係からして、樹脂シンクの洗いやすさ、清潔さはうっとりするほどです。
掃除したくなるシンクですね。
すべすべで触り心地もいいんです!

樹脂シンクかステンレスシンクか、どちらにすべきか迷われている方にとって参考になれるとうれしいです。

-キッチン
-, , , , ,