間取り

注文住宅で失敗!2階の窓の位置には要注意

注文住宅-窓-位置-失敗
注文住宅では良くも悪くも自由な間取りにすることができます。
だいたいケースでは良い面のほうが多いでしょう。

しかし、わたしのように素人が好き勝手な間取りにすると失敗することも…。

2階の窓の向かいにお隣さんの窓がある

これは非常に最悪の失敗です。
というより、これは設計士さんが気づくべきだったのでは?とすごく思います。

我が家もお隣さんも、どちらも曇りガラス、霞ガラスではないため丸見えの状態です。
我が家の窓はシェードを採用しており、カーテンはついていません。
そのため、目隠しのしようがありません。

目隠しをしようとすると、シェードを一番下までおろす必要があります。
シェードを一番下までおろしてしまうと光がはいらなくなり、かなり家の中が暗くなってしまうんです。

ここは後からこの地にやってきたわたしのほうがシェードを使って目隠しするほうが後々もめることもないでしょう。

更地に建てる家をイメージをしても2階までは想像しづらい

高さがあるとどうしても想像がしづらいです。
1階までならなんとなくできるんですけどね。

1階であれば、この窓だと通り道から家の中が見えてしまうかな〜とか。
お隣さんが近いから曇りガラスにしようと言う選択もできます。

対策は?

間取りで回避する

これは設計の段階で十分に注意することです。
特に、設計士さんに一言聞いたほうがいいでしょう。

昔の家と今の家の高さってちょっと違ってたりします。
そのため、必ずしも向かい合うとも限らないです。

本当は曇りガラスにしたくないのに…という気持ちで無駄に曇りガラスにしてしまってはもったいないですからね。

シートで対応する

我が家のようになってしまってはもうどうにもなりません。
窓ガラスを交換、という手段もあるのでしょうけど、お金がかかります。

そこで活躍するのが窓ガラスに貼ることで曇りガラスにできるシートです。

これを利用することでなんとか対応できます。
ホームセンターでは手頃な大きさのものがなかったりします。
インターネットショップであればサイズを希望して、そのサイズを購入することができて便利です。

おわりに

家の間取りを決めている時はどうしても自分の家だけを考えてしまいます。
周りの環境も頭に入れておき、常に意識するようにしましょう。

-間取り
-, ,