住宅ローン

家は給料が下がることを想定して買うべき3つの理由

0081-家は給料が下がることを想定して買うべき3つの理由
結婚したとき、こどもが産まれたとき、人生の大きなイベントの付近で家を買おうと考えますよね。
いざ家を買うとしてもその金額の大きさにおどろいてしまいます。

住宅ローンで家を建てることになる方がほとんどでしょう。
”今の給料のままではとても買えないな…”と思われる方も多いのではないでしょうか?

そこで陥りがちなのが、”あとXX年後には給料はこれぐらいまで上がっているだろう!”という考え方です。
これはとても危険な考え方であると言えます。

今回はその詳細について書かせていただきます。

家は給料が下がることを想定して買うべき3つの理由

転職するかもしれない

今の仕事が順調であれば良いのですが、何が起こるかはわからないものです。

突然変な人と仕事をすることになったり、
自分には合わない仕事、部署へ異動させられたり、
病気になってしまったり。

今は想像できないかもしれませんが、転職する可能性は常にゼロではありません。
そして、転職をするとだいたいが給料が下がる傾向にあるようですね。

昇給しない、昇格しないかもしれない

“よくて部長止まり”などという表現があったりします。

会社で仕事をしていればわかると思いますが、役職の椅子の数は少ないです。
役職につける人は一握りであり、さらに上に上がる人、生き残れる人はもっと少ないです。

それに昇格すればそれだけプレッシャー、ストレスも多くなります。
“このポジションのままがいい…”などと思うこともあるでしょう。

家を買う時は昇格は視野に入れないほうが良いですね。

減給する、降格するかもしれない

一番怖いのが降格です。
日本の会社は未だに古い習慣が残っているところも多く、だいたいが年功序列です。
今の時代は、給料は上がりにくくとも、給料が下がることも少ないと思われます。

一度上げてしまった給料は簡単には下げられない。
だからこそ給料が上がらないのかもしれませんね。

それだけに、降格、減給が一番先読みしづらいポイントだと思います。
先読みしづらいポイントであるだけに、今の給料の状態でゆとりある生活ができるよう住宅ローンを組むべきでしょう。

おわりに

ちなみにわたしは転職なし、昇給なし、減給なし、という想定で住宅ローンを組みました。
今の時点の給料で少しゆとりのある生活ができています。

この先、必死にがんばって昇格を狙う必要もないです。
ゆえにストレスのコントロールはしやすいかもしれませんね。
ストレスの多い環境に飛び込まざるを得ない状況になり、病気になってしまっては意味がありません。

家を建てるのに夢を抱いくのはいいですが、給料が上がることは夢を見てはいけないようです。

-住宅ローン
-, , ,