間取り-窓-気密性-断熱性-工夫

間取り

注文住宅おすすめ間取り!気密性・断熱性を上げる方法

2017/11/09

気密性・断熱性の高い家がほしい、または高くしたい。

家を建てようとしている人、ほとんどみんなの願いですよね。

気密性・断熱性が高ければそれだけ省エネであり、光熱費も安く済みます。

冬もあたたかく、快適な生活ができますね。

気密性・断熱性の高い家というと一条工務店のi-smart, i-cubeが業界トップクラスになっています。

わたしもi-cubeを建てました。

これだけでも十分、気密性・断熱性は高いですが、さらに高くする間取りの工夫があります。

今回はその方法について書かせていただきます。

はめ込み窓・FIX窓を採用する

気密性・断熱性を下げる大きな要因は窓です。

この窓を工夫することにより、気密性・断熱性を高めることができます。

我が家では引き違いの窓はベランダの一箇所にしかありません。

あとはすべてはめ込み式の窓です。

こういうタイプの窓です。
はめ込み窓-fix窓-開き窓

左側がはめ込みで、右側が開きます。

引き違い窓よりは隙間なく閉まるため、若干気密性・断熱性は上がるはずです。

FIX窓だと、開閉のできない、完全にはめ込まれた窓になります。

最近ではどこもかしこも複層ガラスなんかを採用していますが、一条工務店であれば、防犯ツインLow-Eトリプル樹脂サッシなんてものがあります。

防犯性能もありつつ、気密性・断熱性も高い優れものです。

四角い家を建てて、壁の表面積を減らす

四角い家は表面積が小さくなって熱が奪われにくい

家の中の温度を下げる要因は、外の冷たい空気により家の熱がうばわれることです。

家の表面積が増えるほど、家が冷たい外の空気に触れる面積が多くなります

よって、家があたたまりにく、寒い家となってしまいます。

表面積を減らすには、家の形はできるかぎり四角が良いです。

真四角が一番表面積が小さくなりますね。

わたしとしましては、四角家ってかわいくておしゃれに思います。

ちなみに我が家は長方形です。

できる限り四角にしたかったのですが、どうしても広い長方形なリビングがほしくてこうなってしまいました。

おわりに

  • 窓ははめ込み式・FIX窓・開き窓にすると、窓に隙間がなくなって気密性アップ
  • 四角い家にすると家の『表面積』が少なくなる。よって、外の冷たい空気を受ける面積が減り、断熱性アップ

以上、間取りで気密性・断熱性を上げる工夫でした。

間取りで気密性・断熱性を上げるのは最終手段と思っておいたほうが良いです。

大切なのは家の性能です。
いくら間取りを注意しても、もともと気密性・断熱性の高い家にはかなわないでしょう。
ダメ押し、そんなイメージですね。

みなさまの家づくりの参考にしてもらえるとうれしいです。

-間取り
-, , ,