床暖房

一条工務店の家は冬を忘れさせるあたたかさ

一条工務店の家は冬を忘れさせるあたたかさ
一条工務店のi-cubeに住んでからというもの、真冬は常に裸足で過ごしています。
一条工務店の家は耐震性や免震といった分野でも有名ですが、わたしにとってはそれよりも高気密、高断熱が魅力的でした。
24時間全館床暖房、とても魅力がありますよね。
“24時間床暖房つけっぱなしなんて電気代が恐ろしいことになりそう…”と思われるかもしれませんが、全然電気代かかりません!
アパート暮らしの暖房のほうが高かったですね。

冷え性の悩み

わたしも妻も、毎年足の冷えに悩まされていました。
特に女性は冷え性の方が多いですよね。

妻は冷え性で、よく体調不良を訴えていました。
わたしの母も冷え性なので、将来的に我が家で面倒を見ることになるかもしれないことを考えると、やっぱり床暖房はあったほうがいいと思いました。

ふつうの暖房ではいくら設定温度を高くしてもあたたかいと感じなかった

妻は寒さに弱く、アパート暮らし時代は常に暖房をつけていました。
毎月電気代を確認するのが怖かったですね〜…。

設定温度を高く設定していましたが、どうしてもあたたかいと感じることがありませんでした。
いつも足が冷えてしまい、靴下を2重で履いたり、モコモコのスリッパを履いていました。

わたしの周りでも奥さんが冷え性で〜という理由で一条工務店を候補する方が何人かいました。
最終的に一条工務店の家を建てた方もいれば、最大手のハウスメーカーにする方も。

最大手メーカーにした方が我が家に来て、”やっぱり一条工務店にしておけばよかった〜”などと言ってくれるとうれしくなりますね。
ふつうの家では感じることのできないあたたかさです。

一条工務店の床暖房はポカポカするあたたかさではない、寒さを感じないあたたかさ

肝心の床暖房の性能についてです。
床暖房と言えば、わたしは床がポッカポカに暖かく、足の裏から体の芯まであたたまるようなイメージを持っていました。
でも一条工務店の家はそういう類の床暖房、あたたかさではありません。

生活していて床があたたかいと感じることは多くはありません。
むしろ24時間つけっぱなしなので、あたたかいと感じる温度だと部屋があたたまりすぎてしまい、暑くて生活できません。
さらに低温火傷も心配になってきます。
体感としては”寒さを感じない温度”という感じです。
当然足の冷えも感じることはありません。

毎日、24時間床暖房を使うならあたたかい、より寒くない、がちょうどいい

足があたたかい、と感じる温度ではありませんが、それでも靴下を履いていると暑いです。
なので家ではいつも裸足で生活しています。
身体が均等にあたたまる感じがあります。

温度は低くても足は十分あたたまりますし、体の芯からあたたまります。
真冬においても、家の中では全く寒さを感じなくなりましたので、冬であることを忘れるぐらいです。
そういった心の持ち方のせいでしょうか、外出しても冷えに悩まされることがなくなりました。

おわりに

一条工務店の24時間全館床暖房、正直なところ期待以上の成果です!
家を建てるまでは”一条工務店ってどこ?”っていうようなイメージでした。
最大手のハウスメーカーは信頼があるため、そちらを買おうかと迷ったこともあります。

でも家族みんなの健康をお金で買えるのが一条工務店だとわたしは判断しました。
わたしにとって健康は何よりも価値のあるものです。

-床暖房
-, , , , , , , , , ,